ホーム > カテゴリーアーカイブ '熟年離婚 貧乏'

熟年離婚 貧乏

熟年離婚をして後悔をしています。
確かに嫌なことはたくさんあったし、冷え切った家庭を温めなおすなんて無理だったんです。だけど、今はもっと考えれば良かったと思っています。先立つものはお金。私の場合は仕事をしていたから収入もあったけれど、夫婦で築いたものが何もなくて本当に全くのゼロだったんです。子供の養育費は全て私の給料からだったし、あっちは家のローンを払っていたくらいです。だから全然割合が違ったんです。子どもは仕上がってたから養育費なんて請求できないし、精神的苦痛で要求しても100万が限界、これ以上揉めてもお金だけが無くなる。さっさと二人で離婚しておけばこんなことにはならなかったのかなと、思うんです。

私は定年を迎えた途端体を壊して入院しました。どうして今なの?と思いました。働いている中だったら手当が出たのにって。
これから自分が住む家も探さなきゃいけないし、まとまったお金も必要だし、もうため息の毎日です。だから思うんです。我慢さえすれば良かったんじゃないかと。大人しく離婚しなかったら、今の悩みってほとんど悩みじゃなかったんですよね。年金だけではやっていけないけど、仕事を探せばなんとかなる。そう思っていたのが一番の原因です。今まで働いていた履歴があるんだから私は大丈夫って。そんなの無意味です。離婚したいと思っているならもう一度考えた方がいいです。熟年離婚って言葉は格好いいけれど、悲惨です。(M.M.)

スポンサード リンク


人気記事


スポンサード リンク


ページの先頭へ