ホーム > 親の熟年離婚 > 親の熟年離婚

親の熟年離婚

何が困るって苗字が変わることだよ。母についていけば変わる。父親について行けばまぁ変わらない。できれば熟年離婚なんてしてほしくない、面倒だから。成人してしまえばきっと変わら
ない方を選んだと思うんだけど、どうせ転校するしと思って思い切って変えた。成人していた兄1はそのまま父方の苗字を名乗っている。やっぱり面倒だからという理由で。兄2は変えたことを後悔していた。僕と同じで母の方だが、会社での説明が面倒だったと教えてくれた。「わぁ、結婚したんですか?おめでとうございます!」と「離婚したんですか?っていうか結婚してたんですね…」と両方言われたそうだ。指輪ないのになぁとぼやいていた。それもしばらくすれば落ち着いたらしいけど。
とりあえず、末っ子の僕は転校するから教科書も名前は書き直すし、特に問題ない。今から何かあるかもしれないけどそれは当分先のこと。とりあえず気になるのは兄1と兄弟だって言う時かな。だって、苗字が違う。正真正銘同じ両親から生まれたのに、兄弟だけど兄弟じゃないみたいなことを言われるかもしれない。歳も離れているからそれがちょっと嫌だ。兄1は家を出ているから父とは一緒に住まない。たまにこっちに来てご飯は一緒に食べたりするっていってたからきっと態度もなにも変わらないんだけど苗字が違うのもなんか困る。たとえばご近所にあった時に兄1はなんて言うんだろう。そう聞いたら、「兄の○○です。っていえば苗字は言わなくて済むだろう?お前そんなこと考えてたのか」と言われてしまった。僕は実際いろいろ考えすぎたらしくてちょっと髪の毛が無いところがある。精神的苦痛と言われたけど、僕にしてみたら、兄1が一人暮らしした時もさびしかったし、父が僕を連れて行ってくれるのか母が連れて行ってくれるのかもしかしたらどっちも駄目かもと考えているときもドキドキしていたし常に考えていたと思う。これが精神的苦痛?でもやっぱり困るのは苗字が変わることだよ。面倒だよ。(S.I.)

タグ
親の熟年離婚

人気記事


スポンサード リンク


ページの先頭へ